SEOの心得&用語説明 > Google セーフ ブラウジング
Google セーフ ブラウジング

Googleが安全ではないWEBサイトをユーザや管理者に知らせて、危険から保護する仕組みです。
安全性の低いサイト(不正なソフトウェアをダウンロードさせるサイト、フィッシングサイト)にアクセスすると、警告メッセージが表示されます。

※表示される警告メッセージは下記ご覧ください(Googleのサイトです)
フィッシングや不正なソフトウェアのアラート(https://support.google.com/chrome/answer/99020?hl=ja)

ちなみに、Googleは毎日数十億件のURLを調査し、不正なサイトを1日に数千件も発見しているそうです。セーフブランディングのユーザは、約10億人です。

事前に安全性の低いサイトかどうかは下記の方法で確認することができます。

http://www.google.com/safebrowsing/diagnostic?site=サイトのURL
とGoogleの検索窓に入れることで確認できます。

例)http://www.google.com/safebrowsing/diagnostic?site=http://www.google.com/

●の現在の状況欄に
「現在のところ、このサイトは疑わしくないと認識されています。」
と表示されるため、このサイトは問題ないと確認できます。

------------------------------------------------
セーフ ブラウジング
診断ページ: www.google.com

www.google.com の現在の状況

現在のところ、このサイトは疑わしくないと認識されています。

Google がこのサイトを巡回したときの状況

このサイトで過去 90 日間に Google がテストした 30237 ページのうち 18 ページで、ユーザーの同意なしに不正なソフトウェアがダウンロードされ、インストールされていたことが判明しました。Google が最後にこのサイトを巡回したのは 2014-08-03 で、このサイトで不審なコンテンツが最後に検出されたのは 2014-08-03 です。

不正なソフトウェアには 189 trojan(s), 25 virus, 4 exploit(s) などがあります。感染先のコンピュータで平均 2 個のプロセスが新たに発生しています。

不正なソフトウェアは 41 個のドメイン(ilopr.com/, knothu.ru/, nihiu.com/ など)でホストされています。

15 個のドメイン(devlps.com/, la2-cold.ru/, mobleq.com/ など)がこのサイトの訪問ユーザーに不正なソフトウェアを配布する媒体となっていたようです。

このサイトは 2 個のネットワーク(AS15169 (GOOGLE), AS36040 (YOUTUBE) など)でホストされていたことが判明しました。

不正なソフトの感染を広げる媒介をしていたかどうか

www.google.com は、過去 90 日間に 44 個のサイト(steroidology.com/, bdsmlibrary.com/, vn-zoom.com/ など)への感染媒体となっていた形跡があります。

サイトで不正なソフトウェアをホストしていたかどうか

はい、このサイトでは過去 90 日間に不正なソフトウェアのホスティングが行われ、29 個のドメイン(joomfa.org/, burguscircus.free.fr/, beljews.info/ など)への感染が判明しています。

次のステップ:

前のページに戻ってください。
このウェブサイトの所有者の場合は、Google ウェブマスター ツールを使用してサイトの審査をリクエストできます。審査手続きの詳細については、Google ウェブマスター ヘルプセンターをご覧ください。
------------------------------------------------


     
上位表示を目指すURL *

※アメブロ、jimdo、fc2ブログのURLはご遠慮ください

上位表示を目指すキーワード *
会社名/組織名
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

<<SEOの心得&用語説明 - 目次に戻る