SEOの心得&用語説明 > ペンギンアップデートとは
ペンギンアップデートとは

Googleが検索結果スパムやGoogleのガイドラインに違反して故意に順位上昇させようとしているサイトの排除を目的とした新しいアルゴリズムのことです。
端的に言うと、不正な被リンク対策を実施しているサイトのチェックを行うアルゴリズムです。

■最近のペンギンアップデート

最も最近のペンギンアップデートは、2014年10月17日午後11時頃(米国時間)にペンギンアップデート3.0が実施されました。
(Googleもペンギンアップデートの実施を認めていると、Ssearch Engine Landが発表しています)
日本時間では、10月18日(土)、10月19日(日)で比較的大きな順位変動を確認しています。

今回のペンギンアップデートは、前回の2013年10月4日以降1年ぶりです。
今回のペンギンアップデート後は、より今後より頻繁に更新が行われるようなものになるとみられています(定期的に実施されているパンダアップデートと同じ頻度になるともいわれています。)

ペンギンアップデートが実施された場合は、まず、実施した直後に大きな順位変動が確認されます。第2回目として、揺り戻しが(修正)が2週間後位に来ることがあります。

■どんなサイトが順位下落するか

Googleのガイドラインに違反して故意に順位上昇させようとしているサイト(特に被リンク対策)が順位下落の可能性があります。

要は、SEO対策(順位上昇)を目的に、不正な被リンク対策を実施しているサイトが危ないです。
具体的には、下記のような被リンクが設定されているサイトが特に注意が必要です。
・相互リンク
・ディレクトリ登録型のリンク
・ブログのコメントリンク
・自動的に増加するようなリンクプログラム

■ペンギンアップデートの対応策

ペンギンアップデートは、不正な被リンク対策を実施しているかのチェックです。
ペンギンアップデート大幅に順位が下落した場合は、まず、GoogleWEBマスターツールにペナルティの警告が来ていないか確認します。

1.GoogleWEBマスターツールにペナルティが来ていないか確認
1)GoogleWEBマスターツールにログインする
2)「検索トラフィック内」-「手動による対策」画面を表示する
▼手動ペナルティを受けた場合のメッセージ例
--------------------------------------------------
http://aaa.com/ :
外部からの不自然なリンク20●●年●月●日
貴サイトへの人為的または不自然なリンクのパターンが検出されました。PageRank の操作を目的としたリンクの売買やリンク
プログラムへの参加は、Google のウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)に違反する行為です。
そのため、aaa.com/に手動によるスパム対策が適用されました。他にもサイトの一部または全体に対策が適用されている可能性があります。
---------------------------------------------------

2.サイトに設定しているリンクを確認し、過去に不正なリンクがある場合は、それを削除(または否認)する
Googleが嫌うリンクは、例えば
・相互リンク
・ディレクトリ登録型のリンク
・ブログのコメントリンク
等が挙げられます。
これらは自分で設定することもできますが、誰かに勝手にリンクされていることもあります。まずは、サイトに設定されているリンクを全て確認し、不正なリンクがある場合は、対応したほうが良いです。
※ペンギンアップデートは自動アルゴリズムで実施されるため、再審査リクエストを送信する必要はありません。

■2016年のペンギンアップデート対策

2016年に持ち越されたペンギンアップデートに向けて対策が必要です。

どんな対策をすればいいか?
それは、「全てのリンクを洗い出し、低品質なリンクを否認すること」です。

全てのリンクを洗い出すには、
SEOmoz や ahrefs の専門ツールからリンク取得し、
Googleサーチコンソールだけではわからないリンクを、取得することが大切です。

全てのリンクを洗い出し、より多くの 低品質なリンク を否認する!

現状70%以上のサイトに 低品質なリンク が付いてます。(※akakurage.jp調べ)

低品質なリンクを否認し、被リンクの質を高めながら、
順位上昇を目指すことが重要です。

■最近の被リンクチェックに関する傾向

ペンギンアップデートは、不正な被リンク対策を実施しているサイトのチェックを行うアルゴリズムですが、このペンギンアップデート以外にも常時不正な被リンク対策をチェックしていないかGoogleが監視しているようです。
2年以上SEO対策を実施していると、Googleが嫌うようなリンクが付いているケースが多々あります。そのため、ペンギンアップデートが終わったばかりと安心せずに被リンクを一度整理することをお勧めいたします。

■過去のペンギンアップデート

過去に実施されたペンギンアップデート2.0は、2013年5月22日に実施されアメリカの全検索クエリのおよそ2.3%に影響を与えました。

その前のペンギンアップデート1.0は、2012年4月24日に初めてリリースされ、英語環境では検索クエリの3%に影響がでたなど、大きな影響を与えています。

●過去のペンギンアップデート情報

ペンギン・アップデート1.0:2012/4/24

ペンギン・アップデート1.1:2012/5/25(間隔:約4週)

ペンギン・アップデート1.2:2012/10/5(間隔:約19週)

ペンギン・アップデート2.0:2013/5/22(間隔:約32週)

ペンギン・アップデート2.1:2013/10/4(間隔:約20週)

ペンギン・アップデート3.0:2014/10/17(間隔:約67週)

●備考:なんでペンギンアップデートというの?

ペンギンアップデートは、パンダアップデートと同様に白黒はっきりさせることを目的に、色が白黒のペンギンと名前がついたそうです

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位、リンク、内部を調べ、必要な対策をアドバイスします(無料)

上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
会社名/組織名 *
(例)株式会社○○○
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

約束 ディーボは、一緒に順位をUPを目指します!

SEO対策では、検索上位を目指すため、検索順位や自社サイト・競合サイトの状況を見ながら、必要なSEO対策を実施・効果検証・対策を繰り返す必要があります。
ディーボは毎週火曜日にお客様のサイト順位をチェックしています。順位が変わらない、下がった方(検索上位表示されない方)には、状況に応じてフォローします。時には、内部対策のアドバイスもしています。

もっと順位を上げたい⇒状況に応じてSEOアドバイスします Googleで大変動があった⇒緊急アラートメールを送付 5位以内に表示したい⇒SEO強化プランをご提案します。状況に応じてSEO内部対策もアドバイスします 急に順位が落ちた⇒状況に応じて、SEO内部対策もアドバイスします SEO知識をフル活用してご案内いたします!ご契約中はいつでもご相談ください

テキスト広告.jpをご利用頂いているお客様は、弊社から外部や内部対策改善のご提案を実施しております。
もちろん外部・内部対策両方の質問にお応えします。必要な方(検索上位表示を目指してる方など)には現状が把握できる資料をお渡ししています。

一緒に検索上位表示を目指してSEO対策を進めましょう!

SEO、結局何をしたらいいか?教えます 内部リンク調べて提案(無料)

上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
会社名/組織名 *
(例)株式会社○○○
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *
株式会社ディーボについて

株式会社ディーボは、SEO業界初の検索アルゴリズム分析ツール「ALGO BUSTER」の開発をはじめ、
被リンクチェックツール「hanasakigani.jp」や、立ち上げたった3ヶ月で1万ページビュー達成のSEO実験ブログ「seolaboratory.jp」等、数々のSEOサービスを開発・リリースしてます。
他にも紹介しきれない様々な無料SEOツール・SEOサービス等ございます。

会社概要
商号 株式会社ディーボ
本社 札幌市北区北7条西4-17-1 竹山ホワイトビル 8F
設立 2005年6月
資本金 2,000万円
従業員 18名
代表取締役社長
取締役副社長
藤沢 竜志
河野 真一
主な取引先 グーグル株式会社
ヤフー株式会社
GMOクラウド株式会社
ほか

SEO診断ツール itomakihitode.jp SEO診断ツール。URLとKWを入れて120秒待つだけでWEB担当者の疑問を解決できます。無料でご利用いただけます。