SEOの心得&用語説明 > 301リダイレクトとは
301リダイレクトとは

ドメインの永久的な移動のことです。ドメインの引越し(変更)をした際に行う作業で、検索エンジンにドメインを変更したことを伝える方法です。

301リダイレクトを行うことで、移動前ページのSEO強度を引き継ぐことができます。
リダイレクト設定を実施すると移動前ページにアクセスしても、自動的に移動後のページが表示されるようになります。

あなたのサイトの内部は大丈夫ですか?内部・リンク・順位を調べて、必要な対策をご案内します(無料)

上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
会社名/組織名 *
(例)株式会社○○○
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

リダイレクト設定には、主に2種類があります。
1)301リダイレクト
2)302リダイレクト

1)301リダイレクト
永久移転を意味します。検索エンジンは移動後ページを評価対象とします。
移動前ページの評価が移動後ページに継承されます。

2)302リダイレクト
一時移転を意味します。検索エンジンは、移動前ページを評価します。

移動前ページを今後一切利用しない場合は、移動前ページの評価が移動後ページに継承される301リダイレクト設定がSEOに有効と言えます。

サイトやサーバーの運用状況などにより、どのようにリダイレクトをさせるべきか、また、設定方法も限定される場合があるため、技術者と確認し慎重に検討する必要があります。

また、301リダイレクト設定は、検索エンジンに重複コンテンツと認識されてしまわないためにも有効な設定です。
例えば、
1)wwwの有無
例)http://itomakihitode.jp/ と http://www.itomakihitode.jp/

2)index.htmlを省略する/しない
例)http://itomakihitode.jp/ と http://itomakihitode.jp/index.html

3)解析用のパラメータ
例)http://itomakihitode.jp/ と http://itomakihitode.jp/?code=0325

上記ケースの場合、私たちはサイトの内容を目でチェックできるため同じ内容であることに気がつきますが、検索エンジンは別ページとして認識することがあります。

検索エンジンにこれらは同じページとして伝えるため、URLを一意に判別するようアナウンスする必要があります。
その方法として、301リダイレクト設定(robots.txtの使用)が一般的と思います。
これらが使えない環境で便利なのが、 『link rel="canonical"』 タグの使用です。

●link rel="canonical"タグって?
URLの正規化に利用するタグです。
titleタグ、metaタグなどを入れているHTMLのheadタグ内に置きます。

例)<link rel="canonical" href="http://itomakihitode.jp/">
上記の記載で、検索エンジンは、URLを一意に判別してくれます。

間違った使用をしてしまうと、予期しないページが検索エンジンのインデックスから
消えてしまうことがあるので、ご注意ください。

 

●注意
・301リダイレクト設定は、大部分の価値・情報を引継ぐことが出来ます。(全てではないのでご注意ください)
・301リダイレクト設定を行ってからすぐに情報が引継がれるわけではなく、少し時間がかかります。必要な時間はサイトの運営方法によって異なります。
・301リダイレクト設定の代替として、『link rel="canonical"』 タグを使用した場合、検索エンジンに重複コンテンツと認識されないためだけに有効と考えてください。301リダイレクト設定のように、大部分の価値・情報を引継ぐわけではありません。

<<SEOの心得&用語説明 - 目次に戻る