SEOの心得&用語説明 > Yahoo!とGoogleの利用割合
Yahoo!とGoogleの利用割合

日本の主要検索エンジンは、Yahoo! JAPANとGoogleです。
年代や性別によって状況が異なりますが、おおよそ利用の割合は、Yahoo! JAPAN:Google=6:4と言われています。

 

※ネットショッピングをたのしむ主婦層は7割程度Yahoo!を利用、20~30代のビジネスマンの6割程度がGoogleを利用しているといったデータもあります。

 

※アメリカでは、Yahoo.com:Google:Bing=15%:65%:20%のようになっています。
Googleが主要のエンジンですが、近年ではBingの利用率が増加していると言われています。


●備考
以前はYahoo! JAPANが独自の検索アルゴリズムを利用していたため、Yahoo! JAPANで検索した際とGoogleで検索した際の検索結果が大きく異なっていました。
そのため、自社商品(サイト)のターゲット層に合わせて、SEO対策はYahoo! JAPANまたはGoogleのどちらで上位化を目指すかを初めに決定し、SEO対策に取り組む企業が多かったです。

 

しかし、2010年後半にYahoo! JAPANがGoogleの検索エンジンを採用し、ほとんどYahoo! JAPANもGoogleも検索結果が同じになったことから、さほどどっちで上位表示させたいと考えることはなくなったようです。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調査し、必要な対策をご案内します(無料)

上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
会社名/組織名 *
(例)株式会社○○○
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

<<SEOの心得&用語説明 - 目次に戻る