SEOの心得&用語説明 > キーワード出現比率
キーワード出現比率

サイトに記述しているテキスト文章の中に、SEO対策ワードがどのくらい含まれているかの割合です。

以前は、キーワード出現率○%を意識してキーワードを調整して対策することが主流でした。SEOについて記述されている海外サイトでもまだ5%以下だとペナルティを受けない等の記述をしているところもあるようですが、現在ではそのような数字を意識して対策する傾向は見られなくなくなりました。

キーワードの詰め込みすぎは、検索エンジンからトップ10入りのペナルティを受ける理由であり、キーワードが入っていない状態よりも悪いとも言われています。

これは、 キーワードの詰め込みすぎは離脱率を高める要因だからです。
通常人は、ひとつの段落に2つ以上のキーワードが入っている文章を読みたがらない傾向にあります。

そしてまた、キーワードの詰め込みすぎはオーソリティが低いサイトであると人々に認識されてしまう危険性も発生します。

サイトの内容を的確に記載する上で、適度に対策ワードが含まれるよう記載することが重要です。その結果キーワード出現率は自然なキーワード出現率となるでしょう。

あなたのサイトの内部は大丈夫ですか?内部・リンクを調べて、必要な対策をご案内します(無料)

上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
会社名/組織名 *
(例)株式会社○○○
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

<<SEOの心得&用語説明 - 目次に戻る