SEOの心得&用語説明 > ミラーサイト(コピーサイト)
ミラーサイト(コピーサイト)

ミラーサイトとは、全て、または一部分が同一の内容を持つWEBサイトが存在することを言います。
一部分のみが同一の内容を持つ場合、ミラーページ、重複ページ、重複コンテンツなどといわれることもあります。

●ミラーサイトの傾向
弊社でいくつか確認したミラーサイトの例としては


1)同じ内容でURLを2個作ってしまうケース
-単純に誤って、同じ内容で2個URLを作成するケース
-ドメイン変更などで、リダイレクト設定を実施したつもりが設定されていないケース
2)複数の店舗を持つ企業が1店舗分を作成し、コピーして他店舗を作成してしまうケース
例:新宿、渋谷、町田に店舗を持つネイルサロンが、まずは新宿店舗のサイトを作成し、その後コピーして地域名のみを渋谷、町田と変更。その為ほぼ内容が同じミラーサイトが出来てしまったケース。
3)特定キーワードで上位表示を独占したいために、重複したページを複数作成しているケース

ミラーサイトが検索エンジンに認識されると、全く検索にヒットしなくなることがあり、元に戻すにはかなりの時間と手間を要する場合があります。

SEO担当者は最近良く耳にする「パンダアップデート」は、ミラーサイトのようなコピーしただけのユーザにとって価値の無いサイトの順位を下落させるアルゴリズムです。

現在、検索エンジンは毎月頻繁にパンダアップデートを実施していますので、ミラーサイトをもっている、その可能性があるサイトの運営者は早急に改善させる必要があります。

ミラーサイトがあるかを見つけるには、
1)「site:http://aaaa.jp」と検索し、そのドメイン配下のページを確認する
2)主要なサイト内リンクをクリックしてミラーサイトが無いか探す

1)で探すほうが、比較的簡単に見つかります。

ミラーサイトにお心当たりがある方は、早急に改善することをご検討ください。

あなたのサイトの内部は大丈夫ですか?内部・リンクを調べて、必要な対策をご案内します(無料)

上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
会社名/組織名 *
(例)株式会社○○○
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

<<SEOの心得&用語説明 - 目次に戻る