SEOの心得&用語説明 > リダイレクトとは
リダイレクトとは

リダイレクトとは、「ユーザが来訪したサイト(移動前ページ)」から「別のサイト(移動後ページ)」へ自動的に移動させるための設定を言います。

サイトリニューアル、重複ページの1本化、サーバーの移転、サイト構成の変更など様々な理由により、リダイレクト設定をする場合があります。
リダイレクト設定されているページにアクセスしても、自動的に他のページへ移動(表示)されるようになります。

リダイレクト設定は、いつくか方法があります。例えば、
・サーバーの設定による方法
・JavaScriptを使う方法
・HTMLの記述(metaタグ)を使う方法
・サーバーでスクリプトを実行する方法

いくつかありますが、一般的なのは、「サーバーの設定による方法」です。

このリダイレクト設定方法には、主に2種類があります。
.htaccessファイルに記載する方法が一般的です。
●301リダイレクト
●302リダイレクト

●301リダイレクト:永久移転を意味します。
検索エンジンは移動後ページを評価対象とします。
移動前ページの評価が移動後ページに継承されます。
※移動前ページに設定した被リンク評価が、移動後ページに継承されます。
※もし移動前ページでペナルティなど負の評価を受けている場合、その評価も移動後ページに継承されますので注意が必要です。

●302リダイレクト:一時移転を意味します。
検索エンジンは、移動前ページを評価します。

なお、リダイレクト設定を実施後、検索エンジンに認識されるまで時間を要します。

一般的に、SEOを考慮すると、301リダイレクト設定を行うほうが効果的と言われています(301リダイレクト設定すると、移動前ページをもう利用することが出来ません)。
※ただし、リダイレクト設定がどの程度順位に影響するかは、検証したことが無いため、具体的にご案内できる情報がございません。

サーバーの運用状況によっては、設定できるリダイレクト方法に限りがある場合もあります。よく検討した後に実施するとよいでしょう。


     
上位表示を目指すURL *

※アメブロ、jimdo、fc2ブログのURLはご遠慮ください

上位表示を目指すキーワード *
会社名/組織名
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

<<SEOの心得&用語説明 - 目次に戻る