SEOの心得&用語説明 > 内部対策とは
内部対策とは

内部対策とは、HTMLソースの記述を検索エンジンが好むわかりやすい記述に書き換えることです。

中でもタイトルタグの記述はとても重要で、タイトルタグを最適化するだけで、大きく順位が変わる場合もあります。

 

また、内部対策における文章ボリュームもとても重要な役割を果たします。

対策ページ内に、ユーザにとって有益な情報であるテキスト(文章)を自然に追加・更新することが、重要です。

ページ内にテキスト(文章)を追加しただけで検索順位が大幅に動く場合もあります。

 

itomakihitode.jpを使用すると総単語数、発リンク数、キーワード出現数が確認できます。総単語数や発リンク数を競合と比較確認することにより、過剰なSEO対策を防ぐことが出来ます。


また、タグの最適化以外に、XMLサイトマップの配置、URLの正規化(URLは小文字がいい、ディレクトリ階層は浅く、URLは拡張子ではなく/で終えるほうがいい等)やJavaScriptの記述はJS化するといったようなHTMLの最適化以外にも内部対策要素があります。


さて、では内部対策だけで目標順位まで到達できるか?というと、

 

順位計測(調査・分析) ⇒ 被リンク追加または内部対策 ⇒ 監視 ⇒ 順位計測(調査・分析) というPDCAサイクルが必要になることがわかります。

また、パンダアップデート、ペンギンアップデートにより影響を受けてしまった場合、 外部対策または、内部対策の見直しが必要になります。
内部対策としては、ミラーサイトの有無、隠しテキストの有無を検証する等の作業が発生します。

あなたのサイトの内部は大丈夫ですか?内部・リンクを調べて、必要な対策をご案内します(無料)

上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
会社名/組織名 *
(例)株式会社○○○
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

<<SEOの心得&用語説明 - 目次に戻る